片岡孝則

就職履歴

学生時代の就職活動の時期に、友人の父親の会社のお手伝いということで、アルバイトを始めたのが平野屋との出会いです
「日常ではなかなか立ち入る機会がないテレビ局の裏側やコンサート業界の仕事に夢中になり、自分の仕事にしたい」と社長に直談判したところ、晴れて社員となれました
渋谷本社勤務

入社前と入社後の会社への印象

アルバイト時代はただ現場を無事に終わらせることと、お給料のことだけを考えて作業していました
社員になってからは会社がアルバイトスタッフの生活の事を考えてシフト調整をしたり
お客様に満足して貰えるようなスタッフの割り振り等様々な事に気を使っている等・・・
とても「人」を大切にしている会社だと思うようになりました。入社してから数年が立ちますがこのことだけは常に感じながら日々業務にあたっています

入社1年目の思い出

大型夏フェスの会場設営に携われたことです。自分もプライベートでチケットを購入していた、夏フェスの会場設営は、普段の客としての視点からは見ることのできない裏の部分を生で感じながらの作業になりました
炎天下の中つらい部分があったのも確かですが、それを吹き飛ばすほどの達成感と感動をイベントでの本番に感じることができました!

他の社員にどのような人がいるのか

遊ぶときは徹底的に遊び!仕事はバシッと決める!メリハリのついた仕事のできるカッコイイ大人たちの集まりです!
社内の年齢層が比較的に若いこともあり、自分が思ったことをその場で発言しやすいです。またその意見を皆が耳を傾けてしっかりと聞いてくれて、いい意見なら直ぐに業務に反映されます。
全体的にフットワークが軽く、とても風通しの良い職場です!そのような環境ということもあり自身の趣味を貫く者、趣味を皆で共有して楽しもうとする者、そういった社員達で溢れているのが平野屋です

この会社に入社して良かったと思えること

業務を通してフォークリフトや高所作業等の資格を取ることができる
イベント業務に広く携われるので自身の視野や見聞を広げることができます。その中で広い人脈形成も可能で人生の中で非常に多くの人と関わりを持つことができる仕事だと思います!

この会社に入社して大変だったこと

業務の都合上休みが不定期になってしまうので、自分のプライベートの時間を計画的に取る事が難しくなってしまう点、 友人達と遊びに行くにしても都合が合わせにくくなってしまうのは少し悲しいですね